注文住宅と分譲住宅。違いは何?

注文住宅と分譲住宅の違いを整理する

注文住宅と分譲住宅は、どちらも一戸建て住宅です。注文住宅はその名の通り、施主が建築業者にデザインや間取りなどを自分の希望を伝えて造ってもらう家のことです。もちろん、専門の設計士が図面をかいていくわけですが、どこをどのような造りにするかは、施主の希望通りになります。土地はあらかじめ用意しておく必要があります。
それに対して分譲住宅は、土地を業者が購入し、そこの土地にあった大きさの家を建てて、土地と共に売られる家のことです。分譲住宅の場合には、土地の場所も家の内容も業者が選定・設計建築したものの中から自分の希望するものに近いものを選んで購入することになります。
以前は、分譲住宅の方がコストが安いという捉え方がありましたが、今はいろいろなケースが出てきています。

注文住宅と分譲住宅のそれぞれのメリットを知ろう

注文住宅では、自分の希望する間取りや部屋の内装が実現します。また、基礎工事から見続けることが可能なので、建物の耐震性などを確認することができます。そうした点では、家のすべてを知り尽くし、不備があれば業者に申し入れをすることができるというわけです。床暖房をこの部屋には入れたいなどの希望も叶えることができますし、キッチンもアイランド型にしたいなどの注文が出せます。
これに比べて、分譲住宅の場合には、建物のすべてを把握することはできない面はあるものの、多くの住宅の中から自分の希望に合う物件を選べるので、その点で便利です。また、土地付き物件では一般的に総コストも安いですし、多くの人が購入している住宅なのです。
それぞれのメリットを知った上で、自身の条件に合う住宅を考えていくとよいでしょう。

新築一戸建てをこだわって作りたいと言う方には注文住宅がおすすめです。間取りや庭の配置など自由にカスタマイズする事が出来ます。